ロスミンローヤルは用法を間違えると胃腸障害になる?

ロスミンローヤルは、シミだけではなく、国内唯一小ジワにも効果を発揮する医薬品です。
しかし、用法を間違えてしまうと胃腸障害を起こすことがありますので注意が必要です。
ロスミンローヤルの用法容量は「1回3錠を食後に水またはぬるま湯でかまずに服用する」となっています。
1日の服用回数は3回となっており、15才未満の人は服用してはいけません。
原則的に食後30分以内に服用するようにしましょう。
空腹状態で服用してしまうと胃を荒らす可能性があるため、出来るだけ空腹時の服用は避けるようにします。
食事がとれない時に服用する際も、何か軽くお腹に入れた状態にしてから服用するとよいでしょう。
また、飲み忘れてしまった場合、飲み忘れた分と合わせて1度に6錠飲むというようなことしてはいけません。
飲み忘れた時は飲み忘れた分を抜いて、1日2回、6錠のみの服用にします。
1回の服用量を6錠にして飲んでしまうと過剰摂取状態になってしまうので、胃腸障害やその他の副作用のリスクを高めてしまいますし、過剰摂取しても効果は高まりません。
また、医師の治療を受けている人や薬などでアレルギー症状が起こったことがある人も注意が必要です。
医師の治療を受けている人や薬などのアレルギー症状が起こったことがある人は、服用する前に医師に相談するようにしましょう。
薬の服用をしている人も、医師や薬剤師に飲んでいる薬とロスミンローヤルを一緒に服用しても平気かどうかの確認をする必要があります。