初期投資が少ない

初期投資が少ない

初期投資が少ない 起業したばかりの会社の場合、貴重な創業資金はなるべく温存させたいものです。企業したばかりで仕事の受注が決まっていない場合、計画的に資金を使わなければ運転資金が尽きてしまいます。そこで、最初の間はレンタルオフィスを利用するという選択肢があります。レンタルオフィスは初期投資コストをかけずに、またすぐに事業を始めることが出来ます。
会社機能として欠かすことができないコピー機1つをとってみても、新品で購入すると高額です。デスクや椅子も数を揃えればコストがかかります。
しかし、レンタルオフィスであれば、基本的に既に設置してありますので、自分でオフィス家具や家電を揃える手間を全て省くことが出来ます。
レンタルオフィスは一般的な不動産の賃貸借契約と異なり、家賃の敷金や礼金、加えて保証金の設定がない会社もあります。利用する月のレンタル代金のみの支払いであれば、利用するハードルもずっと低くなります。また、退去する際も家具や家電は設置されているので、現状回復の心配も不要です。

初期費用はどのくらい?

初期費用はどのくらい? レンタルオフィスの特徴は、初期費用を抑えられることにあります。
賃貸オフィスの場合、敷金・礼金・仲介手数料などの入居時コストが高額です。そのほか内装工事にかかる費用やオフィス家具やOA機器の購入費用もかかります。一方レンタルオフィスの場合、敷金・礼金・仲介手数料は基本的に必要ありません。内装工事費や什器購入費用もかからないことが多いです。入会金や事務手数料はかかりますが、賃貸オフィスに比べると初期費用はかなり抑えられます。賃貸オフィスの初期費用は平均して200万円程度になるのに対して、レンタルオフィスは20万円~30万円程度ですむことが多いです。しかし、月額料金は賃貸オフィスよりも高額になっているので、長期で利用したらコスト関係が逆転します。レンタルオフィスは、「初期費用を抑えたい」「短期プロジェクトのため急いで執務スペースを確保したい」「人数の増減が頻繁にある」などの条件を満たす企業におすすめです。

新着情報

◎2020/11/16

初期投資が少ない
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「レンタルオフィス 初期」
に関連するツイート
Twitter